いぼは適切な治療で無くそう【一回で治療が終わることが多い】

お肌のお悩みは要相談

鏡を見る女性

治療をするにあたって

いぼは、肌にできてしまうと不快感を覚えてしまいます。いぼは、大きく分けて2つの原因でできます。ウイルス性のタイプと、加齢が原因のタイプがあります。老人性のいぼは、加齢によってメラニンの蓄積が原因してできてしまうものです。年齢を重ねると誰でもができてしまう可能性のあるものです。老化した肌に紫外線があたり褐色や黒色のボタンのようなものができてしまいます。ウイルス性のものは、傷口のケアをしっかりとしていない事によって、傷口からウイルスが皮膚に入り込む事によってできてしまいます。代表的なものが手足にできる尋常性疣贅です。表面がザラザラで肌色や白色や褐色なのが特徴的です。HPVに感染してしまう事が主な原因となります。塗り薬をつかって治療や、のみ薬を使っての治療があります。場合によってはレーザーの治療も施します。いぼの治療の仕方が分からなくて困っている人や悩んでいる人は、近くの皮膚科に通うようにしてください。数が増えたり、市販の薬で直らないという事もあります。自己流のケアは症状を悪化させてしまう恐れがあります。早ければ1ヶ月ほどで完治する可能性があります。治療後に注意しなければならないとは、レーザー治療などの外部からの刺激を与える事によって治療をした時ではないでしょうか。いぼをレーザーで除去した場合は、最新で安全性が高い機器を使っているところ選択しましょう。レーザーで治療した後に無駄にアフターケアが必要になってしまう恐れがあります。その他の治療の場合でも十分に注意しなくてはいけません。例えば、液体窒素を使った治療方法があります。マイナス196℃の超低温の液体窒素を綿棒に染みこませて患部を急激に冷やしてやる事でいぼを焼きます。この治療法は火傷とおなじような症状が治療後にあらわれる場合があります。大きな水ふくれができたり血豆ができる事もあります。治療後から数日で治る人もいれば時間がかかる人もいます。それだけ、治療後のアフターケアの仕方が重要だといえます。少しでも違和感を覚えた場合は、医師にこまめに連絡をして相談をする事も考慮しなくてはいけません。事前に評判の良い病院を選択する事は大事ですが、それ以上に自分の身体の事を大事に思う気持ちも大事になります。